愛猫を病気にさせないための健康習慣!長生きの秘訣は毎日のキャットフードから!

【猫が危険】食いつきがいい&安いキャットフードは要注意!安全じゃない理由!食いつきがいい国産の安全なキャットフードは「ねこはぐ」!

タマちゃん

食いつきがいいキャットフードは危険ってホント!?
全部のキャットフードが危険なわけじゃないけど、良くないキャットフードがあるのは本当だよ!

トラくん

今日のポイント(結論)

スバリ!
食いつきがいいキャットフードは、

  • 「良くない物」がたくさん入っている可能性が高いです!
  • 「良くない物」だと食べてくれないので「香料」で食いつきを良くしている可能性があります。
  • ネコちゃんの健康を考えるなら、おすすめのキャットフードは『ねこはぐ』!

わが子(猫)を可愛がっている人なら、必ずある食べ物の悩み」!

「今までよく食べてたのに、急に食べなくなっちゃった・・・。」
「新しいキャットフードにしたら、全然食べてくれなくて・・・。」
「うちの猫ちゃんグルメだから、ずぐ飽きちゃって・・・。」
などなど。

ネコちゃんが全然食べてくれなくて、
食いつきがいいキャットフード』を探している飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ですが、「食いつきがいいキャットフード」は要注意!!

食いつきがいいキャットフードは、ネコちゃんの体に良くないモノがたくさん入っている可能性が高いです。

そこで今回は、
「食いつきがいいキャットフードが要注意な理由」と「キャットフードを選ぶ際の5つの注意点」についてお話したいと思います。

「キャットフードを選ぶ際の注意点」について知っていれば、わが子(猫)を危険から守ることができるので、ぜひ最後まで読んで下さい(*^_^*)

「食いつきがいいキャットフード」が要注意な理由!

タマちゃん

なんで食いつきがいいキャットフードは要注意なの?
体に害のよくない可能性があるからだよ。
良くないモノがたくさん入っている可能性があるからだよ!

トラくん

ネコちゃんが喜んで食べてくれる
「食いつきがいいキャットフード」を探している人が多いと思いますが、

スバリ!
食いつきがいいキャットフードは、要注意です!

なぜなら、
ネコちゃんの体に良いキャットフードよりも

「食いつきのいいキャットフード」の方が、ネコちゃんの体に害がある( 良くないモノがたくさん入っている)可能性が高いからです。

人間でも美味しいものって体によくなかったりしますよね(。>д<。)

食いつきがいい理由は、『人工香料』にあり!

タマちゃん

じゃ~なんで「食いつきがいいキャットフード」には良くないモノがたくさん入っている可能性があるの?

その理由は、人工香料にあります!!

「食いつきがいいキャットフード」には『人工香料』が使われている可能性が高いのです。

すべてのキャットフードに使われているわけではないですが、「価格が安い物」ほどその可能性は高いです。

ただ、『香料』自体が悪いわけではありません。

人間の食べ物でも『香料』が使われている食品はたくさんありますし、「天然の香料」も存在するからです。

タマちゃん

じゃ~何が良くないの?

『香料』を使う理由は、「良くない物」を使っているから!

良くないのは『香料』ではなく、『香料』が使われている理由です!

『香料』を使っている理由は、
ネコちゃんに美味しそうに感じてもらい、食いつきをよくするため!!

では、なぜ食いつきを良くしないといけないのか!?

それは、キャットフードの材料に良くない物」が使われていて、猫ちゃんが食べてくれないから!

もし本当にいい材料だけでキャットフードが作られていたらどうでしょうか。

『香料』なんて使う必要ありませんよね。

つまり、
『香料』を使って「食いつきを良くしないといけないほどの材料」が使われている!ということ。

「食いつきがいいキャットフード」は、
『香料』を使って食いつきを良くしないといけないほどの良くない物」が使われている可能性があるので要注意です。

良くない物とは!

「良くない物」の代表的なものがこちら!

良くない物

4Dミール 人間が食べられない粗悪なお肉
副産物 内蔵・目・骨・脂肪など、本来捨ててしまうところの集まり。
危険な防腐剤 BHA、BHT、エトキシキンなど。
大量の穀物 小麦・大麦・米・玄米・とうもろこしなど。大量が問題!
人工香料 食いつきを良くするための美味しそうな「香り」
注意
『穀物』について。
『穀物』自体が悪いわけではなく、大量に使われていることが問題です。

なぜなら、「穀物」でかさ増しをしている可能性があるから!

そもそも、猫は「肉食の動物」なので、穀物はあまり必要ではありません。

ですので、「大量の穀物」は猫ちゃんが消化しきれないので、病気の原因になる恐れがあります。

ただ、「少量の穀物」は猫ちゃんによっても必要な栄養素なので、『穀物』の摂取が悪いわけではありません!

特に「安い」キャットフードには要注意!

「食いつきがいいキャットフード」には注意が必要ですが、
「食いつきがいいキャットフード」すべてが悪いわけではありません!

中には、「香料」や「良くない物」を使っていないキャットフードもあります。

ただ、価格が安いキャットフードには「香料」や「良くない物」が使われている可能性が高いので、

安くて食いつきがいいキャットフードには注意してください。

キャットフードを選ぶ基準『5つの注意点』

では、どうやって「安全なキャットフード」を選べばいいのか。

その基準となる「注意点」についてご紹介したいと思います。

注意点①『香料』を使っていないキャットフード

上記で説明しましたが、
「香料」が使われているキャットフードは、粗悪な材料」が使われている可能性が高いです。

「香料」を使う理由は、
「粗悪な材料」を使ったキャットフードだと猫ちゃんが食べてくれないから!

「香料」で粗悪さを誤魔化して、食いつきをよくしているわけです。

本当にいい食材が使われていたら、『香料』なんて必要ありませんよね!

注意点②『家禽ミール』『ミートミール』を使っていないキャットフード

「家禽(かきん)」とは、食用の「鶏」や「アヒル」などのこと。

『家禽ミール』『ミートミール』は、
人間じゃ絶対に食べないような「粗悪なお肉」の集まりです。

そんなモノばっかり食べてたら、病気になっても不思議じゃありませんよね。

注意点③『副産物』を使っていないキャットフード

『副産物』 とは、
内蔵・目・骨・脂肪など、人間が食べない本来捨ててしまうところの集まりです。

内蔵や骨がすべて悪いわけじゃありませんが、
人間が食べない部位の集まりなので、猫ちゃんにとってもいい物ではありませんよね。

注意点④ 『防腐剤(酸化防止剤)』『保存料』を使っていないキャットフード

「防腐剤」「保存料」自体は人間の食べ物でもよく使われていますが、「ペットフードの規制」は「人間の規制」に比べるとゆるゆるです。

ですので、人間では使わないような「危険な防腐剤」が使われている可能性があります。

危険な「防腐剤(酸化防止剤)」とは。

■BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

1981年に発がん性が確認され厚生省が使用禁止に動いたが、アメリカやイギリスなどの要請により再評価され、問題ないとされた成分。安全性について正確なことはわかりませんが、疑問が残る成分です。

■ BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

発ガン性は確認されていないものの変異原性は認められており、さらに催奇形性の疑いがあるために食品に対する「BHT」の使用は問題があるのではないかという指摘がある成分。アメリカ合衆国では乳幼児用食品への使用が禁止されている。

■エトキシキン

毒性が強く人間の食品には許可されていない成分。ペットフードでは「150ppm以下」の添加なら認められている。つまり、人間では禁止されているけど、ペットには許可されている成分です。

これらの成分が入っているキャットフードは、猫ちゃんの健康を脅かす危険性があるので避けて下さい。

注意点⑤『着色料』を使っていないキャットフード

そもそも、猫ちゃんは「赤色」を認識できませんし、猫は色ではなく「臭い」で判断します。

つまり、「着色料」を使っている理由は、飼い主(人間)の購買意欲を高めるため。

猫ちゃんによっては不必要な成分です。

さらに、
『着色料』は、発がん性などさまざまなリスクが疑われています。

今のところ安全性については賛否両論あり、安全とも危険とも正確なことは言えませんが、

猫ちゃんにとって不必要なことは間違いないので、『着色料』を使っていないキャットフードを選ぶ方が安全です。

ちなみに、
『着色料』を使っていないキャットフードの色は、➡「茶色」「灰色」!

それ以外の色は『着色料』の可能性があります。

選ぶ基準の【まとめ】

キャットフードを選ぶ時の「注意点」についてまとめると、

選ぶ基準まとめ

下記の「材料」「成分」が入っていないことに注意してくだい。

  • 香料
  • 家禽ミール
  • ミートミール
  • 副産物
  • 防腐剤(酸化防止剤)
  • 保存料
  • 着色料

これらの材料・成分が入っていないキャットフードが安全です。

ぜひ、猫ちゃんの健康のために安心安全なキャットフードを選んであげてください。

おすすめのキャットフードは『ねこはぐ』!

タマちゃん

でも、悪いモノが入っていないか、全部のキャットフードを調べていくのは大変だよね。
そんな時は、『ねこはぐ』キャットフードがおすすめだよ!

トラくん

もし、キャットフード選びで迷ったら、『ねこはぐ』がおすすめ!!

『ねこはぐ』ならすべての基準を満たしてるので、『ねこはぐ』を選んでいれば間違いなしです。

『ねこはぐ』とは、どんなキャットフード?

『ねこはぐ』は、
すべて人間が食べられる食材で作られていて、しかもその食材はすべて国産

添加物も一切不使用で、今人気No.1のプレミアムキャットフードです。

『ねこはぐ』の【公式サイト】はこちら>>

『ねこはぐ』の特徴

『ねこはぐ』の特徴についてまとめるとこんな感じ。

  • 国産キャットフード人気No1
  • 使ってみたい国産キャットフード人気No1
  • すべて人間が食べれる国産食材
  • 100%九州産「若鶏」「鰹節」を使用
  • 国産野菜を使用
  • 添加物一切不使用(酸化防止剤・保存料・着色料・香料・発色剤・オイルコーティング)
  • GMP認定・有機JAS認証の国内工場で製造
  • メイドインジャポンのキャットフード
  • ノンオイルコーティング(人工的な風味オイル不使用
  • 小麦粉(小麦グルテン)フリー
  • 小麦粉アレルギーの猫でも安心
  • 塩分控えめ(肝臓への負担軽減)
  • 獣医さんも推奨

これだけの内容が揃っています。

まさに、「プレミアム」ですね (*^_^*)

もちろん上記で紹介した『選ぶ基準』もすべてクリアしている安心安全です!

『ねこはぐ』は、こんな人におすすめ!

こんな人におすすめ!

  • 1個だけ試してみたい人
  • すぐに解約できるキャットフードがいい人
  • 国産食材でできた安全なキャットフードがいい人
  • 無添加のキャットフードがいい人
  • ノンオイルコーティングのキャットフードがいい人
  • 食いつきのいいキャットフードがいい人
  • 栄養バランスがいいキャットフードがいい人
  • 塩分控えめなキャットフードがいい人
  • 小麦粉アレルギーでも大丈夫なキャットフードがいい人
  • わが子(猫)の健康が気になる人
  • 値段よりも品質を求める人

『ねこはぐ』なら、
ネコちゃんを健康に保てるすべての要素が詰まっているので、ぜひ一度試してみてください。

ただ、今のところ
『ねこはぐ』を買うのは、公式サイトで定期購入するしかありません。

でも、1回で解約してもOKなので、もし猫ちゃんに合わなくても安心です(*^_^*)

キャンペーン情報

キャンペーン情報

 

▼今なら!期間限定の『特別価格』で買えるからお得です▼
詳しくはこちら!『ねこはぐ』キャットフード【公式サイト】>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です