愛猫を病気にさせないための健康習慣!長生きの秘訣は毎日のキャットフードから!

2019年最新!国産で安全な無添加キャットフードを比較!おすすめはコレ!原材料が全て日本産のプレミアムキャットフードは『ねこはぐ』

猫 キャットフード 食べる 美味しい

タマちゃん

国産で安全な無添加キャットフードを探してるんだけど、

何かおすすめのモノってある?

個人的には『ねこはぐ』と『ねこひかり』がおすすめだよ。

トラくん

今日のポイント(結論)

スバリ!

国産で安全な無添加キャットフードなら、
『ねこはぐ』と『ねこひかり』がおすすめです!

なぜなら、
原材料の産地もすべて「国産にこだわっていて、

さらに、値段も手頃だから!!

ちょっと前までは、
安全な無添加キャットフードと言えば「外国産」が中心で、「キャットフード」のほとんどが輸入モノでしたよね。

でも最近は、少しずつ「国産の安全なキャットフード」も増えてきているので、

より猫ちゃんの健康を考えると「やっぱり国産がいいよね!」と考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

国産で安全安全なモノが買えるなら、やっぱり『国産』のモノがいいですよね。(*^_^*)

そこで今回は、2019年最新の「国産で安全な無添加キャットフード」を6種類ご紹介して、「どのフードがいいのか?」を徹底比較してみました。

【2019年最新】国産の安全な無添加キャットフード6選!

タマちゃん

ところで、「国産で安全な無添加キャットフード」って、いくつぐらいあるのかなぁ?
今のところ、良さそうなのは「6種類」ぐらいかなぁ~。

トラくん

2019年現在、
「国産の無添加キャットフード」を調べてみると、

安全で良さそうなのは、スバリ6種類!

その6種類がこちらです。

6種類の国産フード
  • ねこはぐ
  • ねこひかり
  • 日本のみのり キャットフード
  • 無添加キャットフード安心
  • シェフキャット
  • デイリースタイル・プレミアムキャットフード

では、この6種類は
「どう違うのか?」「どれがいいのか?」比較してみました。

【比較】国産の安全な無添加キャットフード6種類を比べてみた!

それぞれの特徴を比べてみるとこんな感じ。

横にスクロールしてね(*^_^*)

フード ねこはぐ ねこひかり 日本のみのり 無添加キャットフード安心 シェフキャット デイリースタイル
原産国 日本 日本 日本 日本 日本 日本
食材の産地 全て国産 全て国産 全て国産 外国&国産 不明 不明
無添加
総合栄養食
主原材料 鶏肉 鶏肉 牛肉 生肉 生肉 各6種あり
穀物 穀物入り
※小麦不使用
穀物入り
※小麦不使用
穀物入り 穀物入り 穀物入り
※小麦不使用
穀物入り
BHA/BHT 不使用
副産物 不使用
4Dミール 不使用
ビートバルプ 不使用
タンパク質 28.5%以上 32.4%以上 50%以上 40%以上 39%以上 40%以上
カロリー 383kcal 424kcal 418kcal 460kcal 370kcal 370kcal
1袋の内容量 1.5kg 500g 200g~ 400g 850g 300g
通常価格 6,980円
(税別)
2,480円
(税込)
972円
(税込)
1,836円
(税込)
2,245円
(税込)
1,880円
(税込)
年間の費用 約74,800円 約79,200円 約85,520円 約22,032円 約51,635円 約182,360円
1日の費用 約205円 約217円 約234円 約60円 約141円 約500円
対応猫 全猫種
全年齢
全猫種
※成猫用
全猫種
全年齢
全猫種
全年齢
全猫種
全年齢
全猫種
全年齢

国産でも、食材の「産地が日本」とは限らない!

6種類の『国産キャットフード』を比べてみてわかったことは、

原産国が日本で「国産」のキャットフードだったとしても、
使われている食材のすべてが「日本産」とは限らない!ということです。

国産キャットフードであれば、使われている食材のすべてが「日本産」なイメージですが、そうじゃないキャットフードもあり、

製造は日本だけど、使っている食材は外国のモノ!という場合もあるようです。

ちなみに6種類の「食材の産地」はこんな感じ。

国産キャットフードの「食材の産地」

6種類の『国産キャットフード』 原材料の産地
ねこはぐ 全て国産
ねこひかり 全て国産
日本のみのり 全て国産
無添加キャットフード安心 外国産&国産
シェフキャット 不明
デイリースタイル 不明

ただ、「外国産の食材」=「悪い物」というわけではありません!!

人間が食べる食材でも「外国産」のモノはたくさんありますし、スーパーに並んでるお肉や魚の大半が「外国産」ですよね。

ここで言いたいのは、
国産キャットフードでも、使われている食材のすべてが「日本産」とは限らない!ということで、良い悪いではありません!

ただ、原材料も「日本産」にこだわるなら、

  • 『ねこはぐ』
  • 『ねこひかり』
  • 『日本のみのり』

この3つがおすすめです。

6種類とも「穀物」入りのキャットフード!

今回、比較した6種類は、
すべて「穀物」入りのキャットフードになっています。

「穀物」が入っていることで、
「穀物アレルギー」を心配される人もいるかもしれませんが、

「穀物」が入っているからといって「穀物アレルギー」になるわけではありません!

ただ、今現在、
「穀物アレルギー」が発症している猫ちゃんの場合は、要注意

穀物に反応して「アレルギー」が出てしまう可能性があるのでおすすめはできません。

でも『ねこはぐ』と『ねこひかり』の場合は、
小麦が不使用なので「小麦アレルギー」の猫でも大丈夫なキャットフードになっています。

「穀物入り」が悪いわけではない!

最近の『グルテンフリー』人気で、
なんとなく「グルテンフリーの方が良さそう!」と思っている人も多いと思いますが、

「穀物」入りのキャットフードが決して悪いわけではありません。

値段を安くするために大量の穀物が入っているキャットフードは良くありませんが、
適量なら、むしろ「穀物」は入っていた方がいいくらいです。

▼適量の「穀物」が入っていた方がいい理由はこちら▼

猫 穀物 悪いモノ穀物が猫の体に悪いは大間違い!実は必要!グルテンフリーの嘘とは!?適量の穀物がキャットフードに入っていた方がいい理由は3つ!

『グルテンフリー』の方がいい場合は「穀物アレルギー」の場合のみ!

ちなみに、
『グルテンフリー』の方がいいのは、猫ちゃんが「穀物アレルギー」の場合のみ!

健康な猫ちゃんなら、穀物入りでも問題はありません。

ただ、大量に穀物が入っている安いキャットフードはダメです!適量が大事!!

あと『グルテンフリー』のモノは、高齢な猫ちゃんには「内蔵の負担」になる場合もあるので注意が必要です。

老猫は、タンパク質の「量」に注意!

猫ちゃんにとって「タンパク質」は大事な栄養素ですが、

老猫の場合は、タンパク質の「量」に注意が必要です。

子猫の場合は、成長期なので成猫よりもたくさんのタンパク質を必要としましが、老猫になるとそこまで多くのタンパク質を必要とはしなくなります。

逆に、タンパク質の量が多いと「内蔵の負担」になる場合もあるので要注意です。

「各フード」と「AAFCOの栄養基準」とを比べると!

「AAFCOの栄養基準」と比較! 『タンパク質』の量
AAFCOの栄養基準 幼猫 成猫
30%以上 26%以上
ねこはぐ 28.5%以上
ねこひかり 32.4%以上
日本のみのり 50%以上
無添加キャットフード安心 40%以上
シェフキャット 39%以上
デイリースタイル 40%以上

下4つのフードの数値は、基準よりかなり大きいですよね。

「AAFCOの栄養基準」は、【最小値】になるので、
「AAFCOの数値」以上であれば「基準はクリア!」ということになるのですが、

逆に、【最大値】は決まっていないので、
「これ以上、摂取したらダメですよ!」という基準はありません。

つまり、
「AAFCOの栄養基準」をオーバーしていても問題はないのですが、

老猫の場合は、タンパク質の量が多いと「内蔵の負担」になる場合もあるので注意が必要です。

ですので、『ねこはぐ』と『ねこひかり』以外は、
老猫には不向きなキャットフードかもしれません!

高齢の猫ちゃんには、
どちらかと言えば『ねこはぐ』と『ねこひかり』の方がおすすめです。

補足

 

幼猫:1歳以下
成猫:1~6歳
老猫:7歳以上

 

猫ちゃんに必要なタンパク質の量を「グラム」で言うと、
1日:3〜5g(体重1kgあたり)
1日:12〜20g(体重4kgあたり)

【最新】『国産の安全な無添加キャットフード』おすすめランキング!

【1位】ねこはぐ

『ねこはぐ』の評価
食材の安全性
(5.0)
無添加の安全性
(5.0)
アレルギー性
(4.5)
値段
(4.0)
総合評価
(5.0)
主原材料 穀物 対応猫 原産国
鶏肉 小麦不使用 全猫種、全年齢 日本
無添加
酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤、オイルコーティング不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用

ねこはぐの『価格』

通常価格 6,980円(税別):1.5kg
定期価格 【初回】3,480円(税別)
【2回目以降】5,980円(税別)
1年間の費用 約74,800円(税込)/年
1日の費用 約205円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

ねこはぐの『原材料』と『成分』

原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

タンパク質28.5%以上、脂肪16%以上、粗繊維0.5%以下、灰分6.5%以下、水分8.0%以下、383kcal/100g

その他の特徴

  • 総合栄養食
  • 国産キャットフード人気No1
  • すべて人間が食べれる「国産食材」を使用
  • 100%九州産「若鶏」「鰹節」、国産野菜を使用
  • GMP認定・有機JAS認証の国内工場で製造
  • 塩分控えめ(肝臓への負担軽減)
  • 獣医さんも推奨

『ねこはぐ』は最近流行りのグルテンフリーではなく、穀物が使用されているキャットフードですが、小麦は不使用なので小麦アレルギーの猫ちゃんでも安心!

【ねこはぐ】キャンペーン情報

キャンペーン情報

 

▼今なら!期間限定の『特別価格』で買えるからお得です▼
詳しくはこちら!『ねこはぐ』キャットフード【公式サイト】>>

【2位】ねこひかり

ねこひかり

主原材料 穀物 対応猫 原産国
鶏肉 小麦不使用 全猫種、成猫用 日本
無添加
酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤、オイルコーティング 不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用

ねこひかりの『価格』

通常価格 2,480円(税込):0.5kg
定期価格 1,980円(税込)
1年間の費用 約79,200円(税込)/年
1日の費用 約217円/日
※3個以上まとめ買いで:約176円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

ねこひかりの『原材料』と『成分』

原材料

 

鶏肉、玄米、かつお粉、大麦、きなこ、菜種油、煮干し、わかめ、昆布、大根葉、ごぼう、人参、ハト麦、あわ、キャベツ、きび、玄ソバ、大豆、とうもろこし、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ネラル類(カルシウム、鉄、銅、亜鉛)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB2)

タンパク質32.4%以上、粗脂肪13.5%以上、粗繊維1.9%以下、粗灰分4.7%以下、水分7.0%以下、424kcal/100g

その他の特徴

 

  • 総合栄養食
  • 国産原材料を使用
  • 人が食べられる食材を使用
  • 小麦粉グルテンフリー
  • 遺伝子組み換え原材料不使用

 

【3位】日本のみのり

主原材料 穀物 対応猫 原産国
牛肉 使用 全猫種、全年齢 日本
無添加
香料・着色料・合成保存料 不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用
通常価格 2,138円(税込):500g
 972円(税込):200g
定期価格 なし
1年間の費用 約85,520円(税込)/年
1日の費用 約234円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

原材料

 

牛肉粉(国産)、ビーフエキス(国産)、玄米(山形県:減農薬米)、魚粉(国産:スケソウダラ)、鶏レバー(山形・宮城県:米沢郷牧場)、鰹節(国産)、昆布(北海道産)、卵殻カルシウム(国産)、食用牛骨カルシウム(国産)ビタミン・ミネラル類(グルコン酸亜鉛、ビタミンE、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンD、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸)

粗たんぱく質50%以上、粗脂肪14%以上、粗繊維1%以下、粗灰分7%以下、水分5%以下、418kcal/100g

その他の特徴

 

  • 総合栄養食
  • 合成保存料や着色料、香料は一切不使用

 

【4位】無添加キャットフード安心

主原材料 穀物 対応猫 原産国
生肉 使用 全猫種、全年齢 日本
無添加
不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用
通常価格 1,836円(税込):400g
定期価格 なし
1年間の費用 約22,032円(税込)/年
1日の費用 約60円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

原材料

 

生肉(牛、豚、鶏、馬、魚肉、牛レバー)、魚粉(鰹節、鰯煮干、発酵片口鰯)、サツマイモ、ジャガイモ、穀類(玄米、大麦、燕麦)、鶏がら、煎り練りゴマ、キャノーラ油、ホエイタンパク、ひまわり油、ビール酵母、卵殻カルシウム、牛骨カルシウム、脱脂粉乳、海藻粉末、糖蜜、リジン、メチオニン

粗タンパク質40%以上、粗脂肪15%以上、粗繊維3.0%以下、水分8.0%以下、460kcal/100g

原材料は、アメリカ・カナダ他、国産にはこだわっておりません。安全性にはこだわり、安全な人用の原材料の使用にはこだわっておりますが、安全性や品質的に関係の無い不必要な付加価値をつけようとは考えていません。(中国産は一切使用しておりません。)

【5位】シェフキャット

主原材料 穀物 対応猫 原産国
生肉 小麦不使用 全猫種、全年齢 日本
無添加
酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤、オイルコーティング 不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用
通常価格 2,245円(税込):850g
定期価格 なし
1年間の費用 約51,635円(税込)/年
1日の費用 約141円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

原材料

 

生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、大麦全粒粉、魚粉、玄米粉、脱脂大豆、とうきび、ヤシ粉末、豚あぶらかす、ひまわり油、鶏油、サツマイモ、ジャガイモ、煎りゴマ、脱脂米ぬか、乳清、海藻、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群、ビタミンB群、タウリン

粗たんぱく質39%以上、粗脂肪16%以上、粗繊維1.2%以下、粗灰分7.4%以下、水分10%以下、370kcal/100g

その他の特徴

 

  • 総合栄養食
  • 人が食べられる生肉・生魚を使用
  • 小麦グルテンフリー

 

【6位】デイリースタイル・プレミアムキャットフード

主原材料 穀物 対応猫 原産国
各6種類あり 使用 全猫種、全年齢 日本
無添加
合成着色料・合成保存料 不使用
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用

※主原材料:6種類あり(カツオ、カニ、シカ、カモ、ウザギ、ラム)

通常価格 1,880円(税込):300g
定期価格 なし
1年間の費用 約182,360円(税込)/年
1日の費用 約500円/日

※体重「4kg」の猫ちゃんで計算した費用。

原材料

 

【カツオ】タイプの場合
カツオ、牛肉、小麦、植物性油脂、動物性油脂、大麦若葉、酵母、米麹、海藻、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、クロール、ナトリウム)、アミノ酸類(タウリン、L-メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、E、D、パントテン酸Ca、ナイアシン、葉酸)

粗たんぱく質40%以上、粗脂肪15%以上、粗繊維1%以下、粗灰分10%以下、水分10%以下、370kcal/100g

その他の特徴

 

  • 主原材料が「カツオ、カニ、シカ、カモ、ウザギ、ラム」の6種類から選べる
  • 総合栄養食
  • 人が食べられる食材を使用
  • 最低限のマグネシウム量「0.05~0.07%」の配合量を実現
  • 遺伝子組み換え食材不使用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です