キャットフードアドバイザーがお届け。愛猫を病気にさせないための本当に安全なキャットフード情報

猫の餌!カリカリのドライフードをふやかす一番いい方法と注意点とは!

タマちゃん

猫ちゃんにあげる「カリカリのキャットフード」をふやかしたいんだけど、

どうするのが一番いいのかなぁ?

お湯でふやかしてあげる方法かなぁ。

トラくん

今日のポイント(結論)

スバリ!
カリカリのドライフードをふやかす方法は、

「お湯をかける」「レンジにかける」などありますが、

一番おすすめの方法は、
ぬるま湯をかける」方法
です。

飼っている猫ちゃんが「子猫の場合」や「病気になった場合」など、
カリカリのキャットフードをふやかしやわらかくして、食べやすくしてあげたい場面も多々ありますよね。

そこで今回は、
カリカリのドライフードをふやかす方法について、
「一番おすすめの方法」と「その理由」「注意点」についてお話したいと思います。

猫ちゃんの「カリカリのドライフード」をふやかす方法

「カリカリのドライフード」をふやかす方法は、スバリ2つ!!

その方法はこちら!

ふやかす方法

  • お湯をかける
  • レンジにかける

どちらの方法もめちゃめちゃ簡単なのですが、
より簡単でおすすめな方法は「お湯をかける」方です。

タマちゃん

でも、なんで「お湯をかける」方がいいの?

「お湯をかける」方がおすすめな3つの理由

「お湯をかける」方がおすすめな理由は3つあります。

おすすめな理由

 

  • 【理由①】温度調整がしやすい!
  • 【理由②】ビタミンを壊さない!
  • 【理由③】尿路結石の予防にもなる!

それぞれを詳しく説明しますと。

【理由①】温度調整がしやすい!

猫ちゃんは、皆さんご存知「猫舌」です。
アツアツの状態だと、食べることができません。

レンジで温めると、
温度の調整が難しく、温め過ぎてアツアツになってしまいがちに!

アツアツになっても冷ませばいいだけなのですが、時間がかかってしまいます。

お仕事が忙しい人や朝の忙しい時間帯などは、できるだけチャチャッと済ませたいですよね。(*^_^*)

一方「お湯をかける」方法だと、
水を混ぜて温度調整がしやすいので、時間を短縮した人にもおすすめです。

【理由②】ビタミンを壊さない!

実は、ドライフードをアツアツに温めてしまうと「ビタミン」が破壊されてしまいます。

せっかく栄養豊富なキャットフードを上げても、それだと意味がありませんよね。

レンジだと温度調整が難しいですが、

「お湯をかける」方法なら温度調整がしやすいので、
「ぬるま湯」をかけてあげれば「ビタミン」を壊す心配もないのでおすすめです。

【理由③】尿路結石の予防にもなる!

猫ちゃんの病気の中で、最も多い病気の1つが「尿路結石です!

その「尿路結石」の1番の予防方法は、「水分の摂取」!

猫はそもそも、水をあまり飲まない生き物なので、
「尿の濃度」が濃くなりやすく、尿路結石になりやすい生き物です。

特に、なりやすいのが尿道が細長い「オス猫」!

しっかり「水分」を取ることで「尿の濃度」が薄くなり、尿路結石が出来にくくなります。

「お湯をかける」方法だと、
ご飯を一緒に「水分」がしっかり取れ、「尿路結石の予防」にもなるのでおすすめです。

【温め過ぎに注意】温度は「人肌」に!

 

注意

上記でもお話しましたが、
キャットフードの温め過ぎには注意してください。

 

温め過ぎが良くない理由は、

  • 猫ちゃんが熱くて食べれない!
  • 栄養素「ビタミン」を破壊してしまう!

この2つの理由があります。

 

理想的な温度は「人肌ぐらいの温度」なので、
少し面倒かもしれませんが、わが子(猫)のために「温度」にもしっかり注意してあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です