キャットフードアドバイザーがお届け。愛猫を病気にさせないための本当に安全なキャットフード情報

ねこはぐキャットフードの評価!口コミ評判&安全性がAAランクの理由とは?キャットフードアドバイザーが成分を徹底調査した結果は91点!

ねこはぐキャットフードの評価!口コミ評判&安全性がAAランクの理由とは?

タマちゃん

『ねこはぐ』キャットフードがちょっと気になってるんだけど、

ねこはぐの安全性ってどうなのかなぁ?

キャットフードって「良くない成分」や「危険な添加物」が入ってたりするから、猫ちゃんの健康を考えると心配になるよね。

トラくん

そこで今回は、キャットフードの安全性が心配な人のために、『ねこはぐ』の安全性について徹底調査してみました。

キャットフードアドバイザーの結論

結論から先にお伝えすると、

『ねこはぐ』キャットフードの安全性は、

 

  • 総合得点は「91点
  • 総合評価は「AAランク
  • 安全性5.0

 

キャットフードアドバイザーから一言

安全性に何も言うことがない優良キャットフードで、キャットフードアドバイザーとしても安心しておすすめできるキャットフードです。(*^_^*)

 

すべて「人間が食べられる食材」で、さらにその食材はすべて「日本産」のモノを使用しているので、食材の品質・安全性も完璧です。

 

値段的には決して安いとは言えませんが、猫ちゃんの健康を最優先に考えるなら、超おすすめのキャットフードです。

ねこはぐのお得情報

 

ねこはぐを1袋だけ買うなら「トクトク便」がお得!

 

▼詳しくはこちら▼
1袋だけお得に買える『ねこはぐ』キャットフードの「トクトク便」について>>

今回は、『ねこはぐ』キャットフードの安全性を徹底調査した内容と、評価の結果が「AAランク」になった理由、また「世間の口コミ評判」についてもお話したいと思います。

この記事を最後まで読んでもらえれば、
『ねこはぐ猫ちゃんにあげても大丈夫かどうかわかると思いますので、ぜひ最後まで読んでください。

目次

【評価対象】『ねこはぐ』キャットフードとは。

「ねこはぐ」キャットフードの写真

「ねこはぐ」キャットフードの写真

『ねこはぐ』キャットフードの特徴と価格

主な特徴

『ねこはぐ』キャットフード
栄養タイプ 総合栄養食 
フードタイプ ドライフード
主原材料 鶏肉
対応猫 全年齢・全猫種対応
カロリー 約390kcal/100g
原産国 日本
  • 食材から製造まですべて国産にこだわった完全国産キャットフード
  • 原材料はすべて人間が食べられる新鮮食材を使用
  • 使用している食材はすべて国産の食材
  • 小麦粉(小麦グルテン)フリー
  • ノンオイルコーティング
  • 獣医師も推奨のフード
  • GMP認定・有機JAS認証の国内工場で製造

価格

通常価格 1袋(1.5㎏):7,538円 税込
(※税抜:6,980円)
定期コース 【初回】3,480円(税別)
【2回目以降】5,980円(税別)
1日の費用 1年間の費用
208円 75,920円
※定期コースで買った場合
※体重「4kg」、1日の給与量「50g」の成猫で計算
※費用は「税込み」価格です。

『ねこはぐ』キャットフードの原材料と成分

ねこはぐキャットフードの成分&原材料

ねこはぐキャットフードの成分&原材料

原材料

ねこはぐの原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

分かりやすいように「原材料」を色分けしています。

 

※「」➡ 気になる食材
※「」➡ 添加物
※「」➡ 危険な「添加物・食材」

クロちゃん

危険な添加物や食材は、特になさそうだね~。

成分

ねこはぐの栄養成分値
タンパク質 28.5%以上
脂質 16%以上
粗繊維 0.5%以下
灰分 6.5%以下
水分 8%以下
マグネシウム 0.14%
カルシウム 1.34%
リン 1.03%
ナトリウム 0.33%
カリウム 0.84%
タウリン 0.17%
代謝エネルギー 約383kcal/100g

クロちゃん

グレインフリーのキャットフードと比べるとタンパク質はそこまで多くないんだね~。

【ねこはぐキャットフードを徹底評価】安全性が『AAランク』の理由とは?

ねこはぐキャットフードの評価!口コミ評判&安全性が91点の理由とは

『ねこはぐ』キャットフードの安全性評価は「AAランク」!

安全性について徹底評価した結果、スバリ!安全性の評価は「AAランク」です!

安全性の評価
各項目を採点した結果、

『ねこはぐ』キャットフードの総合評価は、

 

  • 総合得点は「91点
  • 総合評価は「AAランク

各項目を評価した結果!

7つの項目について、それぞれを評価した結果がこちらです。

「成猫」に対しての評価です。

評価項目 評価 点数
①【主原材料】の安全性 15点
(20点満点中)
②【食材】の安全性 AA 20点
(20点満点中)
③【添加物】の安全性 AA 20点
(20点満点中)
④【アレルギー】の安全性 AA 20点
(20点満点中)
⑤【栄養値】 AA 10点
(10点満点中)
⑥【プラス】のポイント +6点
⑦【マイナス】のポイント なし
総合得点 91点
(100点満点中)
【点数】※『AA』20点、『A』15点、『B』10点、『C』5点、『D』0点

※「子猫」に対しての評価は、また後ほど発表したと思います。

では、なぜ総合評価が「91点のAAランク」なのか?

その理由について、順番に説明していきたいと思います。

【評価項目①】『主原材料』の安全性

キャットフードの評価項目① 原材料の安全性

【主原材料】の安全性

 

評価  15点(20点満点中)

※【点数】『AA』20点、『A』15点、『B』10点、『C』5点、『D』0点

【主原材料】の評価内容 結果
第1主原材料が「肉」or「魚」か? 鶏肉
(100%九州産若鶏)
第2主原材料は? 大麦(国産)
品質に問題はないか? 人間が食べられる新鮮な食材を使用
主原材料の産地は? 日本
※第1主原材料とは:原材料の中で1番多く使われている食材
※第2主原材料とは:原材料の中で2番目に多く使われている食材

ねこはぐの原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

【主原材料の安全性】が「A」評価の理由

「A」評価の理由は、
第1主原材料が、猫ちゃんに最も必要な動物性タンパク質である「鶏肉になっており、

その鶏肉は人間が食べられる新鮮な鶏肉で、さらに「100%九州産若鳥」を使用しているという徹底ぶり!!

値段が安い粗悪なキャットフードの場合、
主原材料は主に「穀物」ですが、ねこはぐの主原材料は安心安全な「お肉です。

猫ちゃんは完全肉食動物なので、猫の体にとって一番必要な食材は「お肉 or 魚」です。

猫ちゃんの健康を考えると、原材料の中で「お肉 or 魚」が一番多く使われているフードが好ましいわけで、その点について『ねこはぐ』は申し分ありません。

また、一般的にキャットフードで使われてるお肉は、ミートミールや副産物など、粗悪なお肉が使われているケースが多いのですが、

『ねこはぐ』で使用されているお肉は、ヒューマングレードの新鮮なお肉でしかも国産ので安心!

また、第2主原材料である「大麦」も「ビタミンB1・ナイアシン・銅・食物繊維」が豊富で、栄養価も高く消化もいい食材です。

以上のことから、【主原材料】の安全性は「A」評価になります。

主原材料がこれだけこだわったモノなら、安全性に心配はありません(*^_^*)

【評価項目②】『食材』の安全性

キャットフードの評価項目② 食材の安全性

【食材】の安全性

 

評価 AA 20点(20点満点中)

※【点数】『AA』20点、『A』15点、『B』10点、『C』5点、『D』0点

【食材】の評価内容 結果
猫の体に良くない「危険な食材」が使われていないか? 危険な食材なし
品質に問題はないか? すべて人間が食べられる国産食材を使用
食材の産地は? すべて日本産

ねこはぐの原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

※「」➡ 気になる食材

【食材の安全性】が「AA」評価の理由

ねこはぐの原材料を見る限り、特に猫ちゃんの体に悪そうな「危険な食材」は入っていないですし、

「すべて人間が食べられる食材」を使用し、さらにその食材はすべて「日本産」のもの!!

プレミアムキャットフードと呼ばれるモノの中でも、食材の原産国までハッキリしているモノはなかなかありません。しかも、それが「日本産」なので尚のこと安心です。

これほど安心できる内容が他でありますでしょうか?安全性については完璧です。

ですので、【食材】の安全性は「AA」評価になります。

食材の原産国までハッキリしていて、しかも国産ってスゴイですよね

【評価項目③】『添加物』の安全性

キャットフードの評価項目③ 添加物の安全性

【添加物】の安全性

 

評価 AA 20点(20点満点中)

※【点数】『AA』20点、『A』15点、『B』10点、『C』5点、『D』0点

【添加物】の評価内容 結果
猫の体に「危険な添加物」が使われていないか? 一切入っていない

ねこはぐの原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

※「」➡ 添加物

【添加物の安全性】が「AA」評価の理由

『ねこはぐ』には、猫ちゃんの体に「危険そうな添加物」は一つも入っていないので安心です。

ですので、【添加物】の安全性は「AA」評価にしています。

 

■『ねこはぐ』に使用されている添加物

ちなみに、『ねこはぐ』に使われている添加物の詳細はこんな感じ。

添加物
内容
危険性
卵殻カルシウム 100パーセント卵の殻からつくられた天然のカルシウム素材 安全
塩化カリウム 体内のカリウムの不足を補うお薬として使われている成分。心臓や筋肉の働きを調節したり、体の酸とアルカリのバランスをとる働きがあります。 安全 
グルコン酸亜鉛 亜鉛とは牡蠣や肉類、魚など動物性食品に多く含まれるミネラル。ミネラルの中でも不足しがちな栄養素であると言われていますが、体の生命維持活動に欠かせない成分。 安全
ピロリン酸第二鉄 「鉄分」の栄養強化剤として、サプリメントだけでなく様々な食品に用いられている成分。 安全
グルコン酸銅 体内の骨や筋肉にも存在しており、鉄分の生成に重要な成分。欠乏することで貧血が起こるとされている。その他には骨粗しょう症などに有効とされています。 安全
パントテン酸カルシウム ビタミンB群の一種であるパントテン酸とカルシウムが結合した成分。栄養強化剤として食品へ添加されていることが多い栄養素で、サプリメントや健康食品などに多く使われており、栄養ドリンクではデカビタCシリーズ、医薬品ではハイチオールCに多く含まれている成分です。 安全
タウリン 猫の「必須栄養素」の一つ。 安全

『ねこはぐ』に使われている添加物は、どれも安全なものなので安心です。

添加物(青)がたくさん入っているので心配な人もいるかもしれませんが、どれも「ビタミン類、ミネラル類」なので心配しなくても大丈夫です。

【評価項目④】『アレルギー』の安全性

キャットフードの評価項目④ アレルギーの安全性

【アレルギー】の安全性

 

評価 AA 20点(20点満点中)

※【点数】『AA』20点、『A』15点、『B』10点、『C』5点、『D』0点

【アレルギー】の評価内容 結果
アレルギーの原因になりそうな食材が入っていないか? 特になし

ねこはぐの原材料

 

鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)、タウリン

※「ピンク」➡ アレルギーの原因になるかもしれない食材

【アレルギーの安全性】が「AA」評価の理由

アレルギー症状を引く起こす食材はたくさんあり、どの食材でアレルギーになるのかは、それぞれ個体によっても違うので、どの食材が悪いのかを決めつけるのは非常に困難です。

特定の食材でアレルギーになる猫ちゃんもいれば、ならない猫ちゃんもいます。人間のアレルギーでも同じで、「卵」でアレルギーになる人もいれば、ならない人もいますよね。

ですが、
アレルギーの原因として報告されることが多い食材はいくつかありますので、その食材が入っているかどうかで安全性については評価したいと思います。

アレルギーの原因として報告されることが多い食材

 

  • 肉や魚のタンパク質
  • 小麦
  • 大豆
  • とうもろこし

では、これらの食材が『ねこはぐ』に入っているのかどうか?確認してみると。

アレルギーの原因として報告されることが多い食材 使用 or 不使用 使用食材
肉や魚のタンパク質 使用 鶏肉
小麦 不使用  なし
大豆 不使用  なし
とうもろこし 不使用  なし

肉や魚のタンパク質は、猫ちゃんにとっては「主食」ですので避けることができず、どうしようもないのですが、

その他の「アレルギーの原因として報告されることが多い食材」は、『ねこはぐ』には入っていないので安心です。

ですので『ねこはぐ』は、
アレルギーになる可能性は極めて低いと考えられるので【アレルギー】の安全性は「AA」評価にしています。

『ねこはぐ』で使用されている「穀物」には、アレルギーの心配はないの?

タマちゃん

ねこはぐには、大麦などの「穀物」が入っているけど、アレルギーの心配はないの?

ねこはぐで使用されている穀物はアレルギーの心配がないので安心です。

最近のグレインフリー人気で「穀物」に悪いイメージを持つ人も多いですが、
アレルギーの原因となる可能が高いのは、穀物の中でも「小麦やトウモロコシ・大豆」です。

これらの穀物は、ねこはぐには不使用ですし、
逆に、ねこはぐで使用されている穀物「大麦、玄米、黒米、赤米」は、「栄養価も高く、消化もいい」のでおすすめの穀物でもあります。

猫ちゃんのアレルギーの中でも「小麦アレルギー」が多いのですが、ねこはぐは「小麦」不使用なので安心です

【評価項目⑤】『栄養成分値』

キャットフードの評価項目⑤ 栄養成分値の安全性

栄養値

 

評価 AA 10点(10点満点中)

※【点数】『AA』10点、『A』8点、『B』5点、『C』3点、『D』0点

【栄養成分値】の評価内容 結果
栄養値は「AAFCOの栄養基準」を満たしているか? 成猫・幼猫共に基準をクリアしている

【栄養成分値】が「AA」評価の理由

ねこはぐの栄養値は「AAFCOの栄養基準」を満たしているのか比較してみると、

 

■「ねこはぐの栄養値」と「AAFCOの栄養基準」を比較
栄養成分 ねこはぐ AAFCOの基準(最小値 )
全年齢対応 成猫 幼猫
表記してある数値 「水分」を取り除いた数値 「水分」を取り除いた数値 
タンパク質 28.5%以上 30.9% 26.0%以上  30.0%以上
脂肪 16%以上 省略 9.0%以上 9.0%以上
粗繊維 0.5%以下  省略  ー
灰分 6.5%以下  省略
水分 8%以下  0% ー  ー 
マグネシウム 0.14%  省略 0.04%以上 0.08%以上
カルシウム 1.34%  省略 0.6%以上 1.0%以上
リン 1.03%  省略 0.5%以上 0.8%以上
ナトリウム 0.33% 省略  0.2%以上 0.2%以上
カリウム 0.84% 省略  0.6%以上 0.6%以上
タウリン 0.17%  省略 0.1%以上 0.1%以上
※成猫:1歳以上 幼猫:1歳未満
※「AAFCO」とは:(米国飼料検査官協会)の栄養基準値
※「日本のペットフード協会」の基準もこの 「AAFCO」を参考にしています。

※「AAFCOの栄養基準」について詳しくはこちら>>

『ねこはぐ』の栄養成分値について、かわっている範囲内で比べてみると、

猫ちゃんにとって必須栄養素である「タンパク質」と「脂肪」の栄養値は、「AAFCOの基準」をしっかりクリアしているので安心です。

一見、ねこはぐに「表記してある数値」で比べてしますと、
ねこはぐのタンパク質は、幼猫の「AAFCC基準」を下回っているように見えるのですが、

AAFCOの基準は、「水分を取り除いた数値」になっています。

「水分を取り除いた数値」で比較すると、
ねこはぐのタンパク質は、「成猫・幼猫」共に「AAFCO基準」をしっかりクリアしているので安心です。

また、他の「かわっている範囲の栄養成分」についても全て基準をクリアしていることがわかります。

ですので、【栄養成分値】の安全性は「AA」評価にしています。

ねこはぐは、子猫にあげても、成猫にあげても安心です。

【評価項目⑥】『プラス』のポイント

キャットフードの評価項目⑥ プラスポイント

+ポイント

 

評価 +6点(10点満点中)

【プラス】の評価内容 結果
その他に何か「プラス評価」のポイントはあるか? 猫ちゃんの体に良い食材が6種類も入っている。

「プラス」評価の理由

『ねこはぐ』には、猫ちゃんの体に良い食材がなんと「6種類」も入っています!

その「猫ちゃんの体に良い食材」がこちら。

鶏レバー
レバーには、猫ちゃんの体に非常いい栄養素(ビタミンAなど)が豊富に含まれており、貧血予防や皮膚や骨の免疫を高める効果、タンパク質などの消化を促進してくれる効果もあり、とても健康に良い食材です。ただ、与えすぎるとビタミンA過剰症になるのでその量には注意も必要です。
黒米
ビタミンB群、鉄分、カルシウムが豊富で栄養価が高く、滋養強壮作用もある。
赤米

カテキン・タンニンが含まれ、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養価が豊富

大麦

ビタミンB1・ナイアシン・銅・食物繊維などの栄養価が豊富。白米と比較して食物繊維約19倍、カルシウム約3倍、カリウム約2倍。大麦に含まれる水溶性の食物繊維が血糖値上昇抑制作用、血中コレステロール値の抑制作用があるといわれている。

玄米

カルシウムやビタミンB1・B2が豊富

タウリン

タウリンは猫の体内で合成することができない、猫ちゃんによっての必須栄養素の一つ。

【評価項目⑦】『マイナス』のポイント

キャットフードの評価項目⑦ マイナスポイント

-ポイント

 

評価 -0点

【マイナス】の評価内容 結果
その他に何か「マイナス評価」のポイントはあるか? 特になし

マイナス評価になるようなポイントは、特にありませんでした。

【総合評価】『ねこはぐ』キャットフードは、AAランク(91点)

うちねこ
ねこはぐ キャットフード
評価項目

評価
成猫 子猫
①【主原材料】の安全性 15点
(20点満点中)
15点
(20点満点中)
②【食材】の安全性 AA 20点
(20点満点中)
AA 20点
(20点満点中)
③【添加物】の安全性 AA20点
(20点満点中)
AA 20点
(20点満点中)
④【アレルギー】の安全性 AA 20点
(20点満点中)
AA 20点
(20点満点中)
⑤【栄養値】 AA 10点
(10点満点中)
AA 10点
(10点満点中)
⑥【プラス】のポイント +6点 +6点
⑦【マイナス】のポイント なし なし
総合得点 91点
(100点満点中)
91点
(100点満点中)
総合評価

『ねこはぐ』

キャットフード

 

総合評価 AAランク

安全性5.0

安全性に何も問題ないおすすめキャットフード!

キャットフードアドバイザーの結論

『ねこはぐ』について、キャットフードアドバイザーから一言!

 

『ねこはぐ』で気になる点は、特に何もありません!

 

安全性に何も言うことがない優良キャットフードで、キャットフードアドバイザーとしても安心しておすすめできるキャットフードです。(*^_^*)

 

主原材料や使われている食材に危険なものは一切使用されていませんし、アレルギーになる可能性も極めて低いと考えられるので、安全性の高いキャットフードと言えます。

 

また、すべて「人間が食べられる食材」で、さらにその食材はすべて「日本産」のモノを使用しているので、食材の品質・安全性も完璧です。

 

プレミアムキャットフードと呼ばれるモノの中でも、ここまでこだわって作られているキャットフードは他ではなかなかありません。

 

値段的には決して安いとは言えませんが、猫ちゃんの健康を最優先に考えるなら、超おすすめのキャットフードです。

 

ねこはぐのキャンペーン情報

 

ねこはぐを1袋だけ買うなら「トクトク便」がお得!

 

▼詳しくはこちら▼
1袋だけお得に買える『ねこはぐ』キャットフードの「トクトク便」について>>

「評価ランク」と「得点」の詳細

評価ランク 得点 内容
「AAA」ランク 100点 何も言うことなしの完璧キャットフード!猫ちゃんの健康を最優先に考えるなら絶対にコレをあげるべき!!超おすすめのキャットフードです。
「AA」ランク 90点以上 安全性に何も問題ないおすすめキャットフード!
「A」ランク 80点以上 安全性の高い優良キャットフード!
「B」ランク 70点以上 少し気になる点はあるが、そこまで安全性に心配はないキャットフード!
「C」ランク 60点以上 気になる点がいくつかあり、安全性が少し心配なキャットフード!
「D」ランク 50点以上 安全性に心配があるおすすめできないキャットフード!
「E」ランク 50点未満 危険性がある要注意キャットフード!

『ねこはぐ』キャットフードの口コミや評判ってどうなの?

ねこはぐ キャットフード 写真

ねこはぐキャットフードの写真

タマちゃん

このサイトの総合評価は「AA」ランクだけど、世間での評判はどうなのかなぁ?

たしかに世間での評判も気になるよね。

トラくん

そこで、実際に『ねこはぐ』を与えている人のリアルな感想はどうなのか?独自にアンケート調査して調べてみました。

独自のアンケート調査について

 

アンケート調査した内容は、私が個人的に行った完全オリジナルの調査結果です。

公式HPやアマゾンレビューには載っていない「実際のリアルな感想」が当サイトのみで確認できる内容になっています。

『ねこはぐ』キャットフードの良い口コミ

雑種(3歳・5歳)

満足度5.0

かなり、ガツガツ食べてました。一匹の猫は、私が袋のまま、棚に置いてたら、破いて食べてて、びっくりしました。袋を破いてまでは、うちの猫は、しませんので油断しました。もう、一匹の猫は少食ぎみですが、ねこはぐは、がっちり食べました。

日本猫のサバトラ(6歳)

満足度4.0

最初は試しに使ってみましたが、特にネコの食いつきが悪いということはありませんでした。国産で安心感があり、ネコのためにいろいろと考えて作られている餌なので良いだろうと判断し、今のところは継続して与えています。

スコティッシュフォールド(7歳)

満足度4.0

今まで海外メーカーのフードを与えていましたが、それと同じくらい食いつきが良かったです。
臭いがあまりしないフードだと、最後の方で食べ飽きることが多いのですがこれは最後まで飽きることなく食べきってくれました。

アメリカンショートヘア(9歳)

満足度4.0

変えた時は警戒してあまりたべなかったが、その後、吐く事もなく、きちんとたべていました!美味しいからか、減りが早く沢山食べていました。カリカリの大きさもちょうどよく、もう少し手頃だったら続けたかったです。

『ねこはぐ』キャットフードの悪い口コミ

雑種(10歳・7歳)

満足度3.0

しっかりと食べてはいたが、以前より少し食いつきが鈍くなってしまいました。商品の品質はすごく良い物だと思いましたが、複数のネコを飼っているので価格的にも継続して購入するには少し高いと感じて与え続けるのは断念してしまいました。

ロシアンブルー(1歳)

満足度2.0

うちの猫は好き嫌いが激しい、ねこはぐはすんなり食べてくれたが途中からあまり手をつけなくなってしまった。うちは基本的に3、4種類与えていたので猫的にいつも通りローテイションで食べたかったのかなぁという感じでした。

『ねこはぐ』キャットフードの「SNS」での評判

キャットフード「ねこはぐ」 インスタで知ってそれから 食べさせてます🎵 毎月1袋…それが少し足らなくて 間に合わせに動物病院でよく見る 某キャットフードにするのですが 最近…食べなくなって💦 どうしよかなぁ~と思ってたら 今日、届きました。2袋にしといて よかった❗安心🎵安心🎵 やっぱりスゴい食い付きがいいです。 ほんとに結構、高いんですけど 美味しそうに食べてる姿みると ホッとして~👏 うちの美人LEOのベストショットが 撮れたので…親バカです(笑) #ペットハグ#キャットフード#ねこはぐ #通販#国産#オイルコーティングフリー #添加物未使用#月いち配送#食い付き良好 #えん#LEO

zukko.0115さん(@zukko.0115)がシェアした投稿 –

『ねこはぐ』キャットフードの口コミ・評判まとめ

『ねこはぐ』キャットフードの評判について、
独自にアンケート調査した内容やSNSでの口コミをまとめてみると、

口コミ・評判まとめ

 

  • ガツガツ食べてました
  • 国産で安心感がある
  • 最後まで飽きることなく食べきってくれました
  • 吐くこともなく、美味しいからか、減りが早く沢山食べていました
  • やっぱりスゴい食いつくがいい
  • 私が食べても美味しかったです笑

『ねこはぐ』は「値段が高くて続けられない」という意見もありましたが、ねこはぐ自体の評判は、猫ちゃんにも飼い主さんにも非常に良いようです。

私が食べても美味しかったです笑」という意見にはビックリしましたが、ホントに人間が食べても大丈夫な安全なキャットフードという証明ですよね(*^_^*)

『ねこはぐ』キャットフードの評判を「独自にアンケート調査」してみた結果!

【独自のアンケート調査】について、もっと知りたい人はこちら!

詳しくはこちらの記事で

「ねこはぐ」実際に食べてる写真 ねこはぐのリアル過ぎる口コミ評判!独自アンケートでわかった衝撃事実!ねこはぐキャットフードを継続している割合が約12%の理由とは!

『ねこはぐ』を最安値で買うには?「公式・アマゾン・楽天」の価格を比較してみた。

『ねこはぐ』を買うならどこが一番安く買えるのか?「公式サイト・アマゾン・楽天」の価格を比較してみました。

横にスクロールしてね。

価格 公式サイト アマゾン 楽天
 
通常価格 7,538円(税込)
※税抜6,980円
未販売 未販売
定期コース
(トクトク便)
【初回】3,480円(税別)
【2回目以降】5,980円(税別)
送料 【通常】800円
【定期】無料

『ねこはぐ』キャットフードが買えるのは【公式サイト】のみ。

どうやら今のところ、『ねこはぐ』を買えるのは【公式サイト】のみのようです。

アマゾン・楽天はもちろん、ヤフーショッピングでも売っていませんでした。

また、ペットショップなどの実店舗でも取り扱っているところはないようなので、『ねこはぐ』が買える場所は完全に【公式サイト】のみのようです。

最安値で買うなら断然『トクトク便』がお得!!

『ねこはぐ』を買うなら、トクトク便(定期コース)で買う方が断然お得なのでおすすめです。

トクトク便なら

 

通常6,980円が

  • 【初回】   :3,480円』に!(3500円もお得)
  • 【2回目以降】:5,980円』に!(1000円もお得)

もちろん「送料も無料」なので安心!!

『トクトク便』は、いつでも解約・休止・変更か可能なので安心!

定期購入に抵抗がある人も多いと思いますが、

ねこはぐの『トクトク便』なら、いつでも解約・休止・変更が可能なので安心です。

  • 解約 ➡ いつでもOK
  • 休止 ➡ いつでもOK
  • 再開 ➡ いつでもOK
  • 周期の変更 ➡ いつでもOK

1回で解約してもOKなので、お試し買い人にもおすすめ!

もちろん、ねこはぐの『トクトク便』なら1回で解約してもOKなので安心です。

ですので、1袋だけお試しで買いたい人にもおすすめ!

トクトク便で1袋だけ買って1回で解約すれば、通常よりも断然お得にお試し買いできますよね(*^_^*)

トクトク便を利用しなきゃ逆に損なくらいです。

『ねこはぐ』キャットフードの特徴まとめ

「ねこはぐ」実際に食べてる写真

『ねこはぐ』キャットフードの特徴についておさらいすると、

主原材料 穀物 対応猫 原産国
鶏肉 小麦不使用 全猫種、全年齢 日本
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用
無添加
酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤、オイルコーティング不使用

『ねこはぐ』の特徴

  • 国産キャットフード人気No1
  • 使ってみたい国産キャットフード人気No1
  • すべて人間が食べれる国産食材
  • 100%九州産「若鶏」「鰹節」を使用
  • 国産野菜を使用
  • 添加物不使用
  • GMP認定・有機JAS認証の国内工場で製造
  • メイドインジャポンのキャットフード
  • ノンオイルコーティング(人工的な風味オイル不使用
  • 小麦粉(小麦グルテン)フリー
  • 小麦粉アレルギーの猫でも安心
  • 塩分控えめ(肝臓への負担軽減)
  • 獣医さんも推奨
通常価格 1袋(1.5㎏):7,538円 税込
(※税抜:6,980円)
定期コース 【初回】3,480円(税別)
【2回目以降】5,980円(税別)
1日の費用 1年間の費用
208円 75,920円
※定期コースで買った場合
※体重「4kg」、1日の給与量「50g」の成猫で計算
※費用は「税込み」価格です。

【ねこはぐ】キャンペーン情報

キャンペーン情報

 

▼今なら!期間限定の『特別価格』で買えるからお得です▼
詳しくはこちら!『ねこはぐ』キャットフード【公式サイト】>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です