キャットフードアドバイザーがお届け。愛猫を病気にさせないためのキャットフード専門学

カナガンの成分と原材料を徹底調査!添加物や危険な食材は本当に不使用!?カナガンは本当に安全なキャットフードなのか調べてみた結果!

カナガン 成分と原材料

タマちゃん

『カナガン』って、添加物不使用&グルテンフリーで良さそうなんだけど、本当に安全なキャットフードなのかなぁ~?

商品の「成分表」を見ただけじゃよくわからなくて~。

実際は「危険な添加物」や「良くない原材料」が使われてたりしないかなぁ~?

確かに商品の「成分表」や「原材料」を見ただけじゃよくわからないもんね。

トラくん

添加物不使用&グルテンフリーの安全なキャットフードとして大人気の『カナガン』ですが、

「本当に安全なキャットフードなの?」
「本当に添加物は不使用なの?」
「実は、良くない原材料が使われてたりしないの?」
などなど。

『カナガン』は、本当に安全な無添加キャットフードなのか?心配な人も多いのではないでしょうか。

商品の「成分表」や「原材料」を見たところで、それが本当に良いのか悪いのかなんて実際よくわからないですもんね(。>д<。)

そこで今回は、
『カナガン』キャットフードの成分と原材料を調べてみて、「添加物」や「危険な成分」「良くない原材料」は本当に使われていないのか?本当に安全な無添加キャットフードなのか?を徹底調査してみました。

『カナガン』キャットフードの「成分」は本当に安全!?

カナガン キャットフード 写真 中身

では、早速!
『カナガン』に「添加物」や「危険な成分」「良くない食材」は本当に使われていないのか?

徹底的に調べてみました。

そもそも、カナガンは「添加物不使用」なのか?

タマちゃん

そもそも『カナガン』って本当に「添加物不使用」なの?
危険な添加物は入ってないけど、添加物が一切入っていない!というわけじゃないよ。

トラくん

『カナガン』の公式サイトを見ると、「人口添加物不使用」という記載がありますよね。

カナガン キャットフード 添加物不使用 これ

ですが、『カナガン』は本当に「添加物不使用」なのか?と気になっている人も多いのではないでしょうか。

先に結論からお伝えすると、
ズバリ!「添加物が一切入っていない!」というわけではありません!

タマちゃん

え!?じゃ~「添加物不使用」じゃない!ってこと?

そうなんです。実際、商品の「成分表」を確認してみると『カナガン』にも添加物は入っています。

『カナガン』に入っている「添加物」とは!?

ちなみに、『カナガン』の原材料を確認するとこんな感じ。

カナガンの原材料

 

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

カナガン キャットフード 成分&原材料 写真 

この中で、添加物だと思われるのが、

  • 硫酸亜鉛一水和物
  • 硫酸第一鉄水和物
  • 硫酸マンガン一水和物
  • 硫酸銅(Ⅱ)五水和物
  • 亜セレン酸ナトリウム
  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • タウリン
  • マンナンオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖

おそらく、これらの成分は「添加物」です。

タマちゃん

結構たくさん「添加物」が入ってるみたいだけど、本当に大丈夫なの?
「添加物」の全部が「悪いモノ」ってわけじゃないからね~。

トラくん

「添加物」=「悪いもの」ではない!

「添加物」=「悪いもの」というイメージがありますが、「添加物」のすべて悪いモノというわけではありません。

添加物には「天然の添加物」もありますし、国で認められた「安全な添加物」もあります。

添加物が入っていることを嫌がる人も少なくないと思いますが、
「豆腐」や「こんにゃく」など、そもそも添加物を加えないと凝固しない食品もあり、「添加物がないと製造できない食品」が多いことも事実です。

おそらく、今私たちが食べている「ほとんどのモノに添加物が入っている!」と言っても過言ではないくらい、添加物は一般的なモノで、

私たちが普段食べている加工食品のほとんどに添加物は入っていますし、コンビニに置いてある商品なんて「添加物入り」ばっかりです。(カップラーメン、お弁当、飲料水、おかし、などなど。)

それに「薬」なんかも「添加物の塊り」です。

おそらく、完全無添加で生活しようと思うと、めちゃめちゃお金をかけて生活するか自給自足するしか方法はないのではないでしょうか。

人間的な暮らしをしていたら添加物なんて当たり前!

「添加物不使用」と言われてい商品でも、何かしらの添加物は確実に入っていますから。

もちろん中には、発がん性が疑われているような「危険な添加物もありますので、そういう危険な添加物には注意が必要です。

つまり何が言いたいかというと、
「添加物」のすべてが「悪いモノ」というわけではない!ということです。

『カナガン』に入っている「添加物」は安全!?

では、実際『カナガン』に入っている「添加物」はどうなのか?安全なのか?

調べてみた結果がこちらです。

硫酸亜鉛一水和物 安全性 おそらく安全?
硫酸と亜鉛の塩であり、繊維工業、医薬品、また条件付きで食品添加物にも使用される成分。
用途としては顔料(リトポンとして)、防腐剤などとして使用されるが、収斂性、防腐性、止血性を利用して医薬品として用いられ、とくに点眼薬として使用されている。
役割 腐敗防止
天然or合成 合成
硫酸第一鉄水和物 安全性 おそらく安全?
硫酸第一鉄は、漬物、加工豆類(黒豆)、果物や野菜に使用されていて、加工豆の色をキレイな黒色にしたり、野菜や果物の変色を予防するための発色剤としてや、鉄分を補給する「栄養強化剤」として広く使用されている成分。

別名:硫酸鉄ともいい、栄養ドリンクやサプリメントなどにも使用されています。

 人体への影響は、ビタミンEの破壊、中毒症状を起こすことが、動物実験で確認されているようです。

役割 栄養強化
天然or合成 合成
硫酸マンガン一水和物 安全性 おそらく安全
体に必須の微量元素であるマンガンと硫酸を結合させた成分。マンガン供給源として、日本でも家畜の飼料に添加することを許されている無機化合物の飼料添加物
染色,赤色釉,ブドウやタバコの肥料などとして用いられている。
飼料添加物とは、飼料の品質保持や栄養補助などの目的で添加・混和されている薬剤や栄養素の総称。
役割 栄養強化
天然or合成 合成
硫酸銅(Ⅱ)五水和物 安全性 おそらく安全
銅(II)イオンと硫酸イオンのイオン化合物。
指定された濃度以下での食品添加物として認められている成分。同様に、人口栄養補給に依存する患者に対する必須元素である銅の補給の為に用いられる。
役割 栄養強化
天然or合成 合成
亜セレン酸ナトリウム 安全性 不明
濃度により毒劇物指定されている成分。
日本ではセレン化合物は、飼料添加物としては認められていませんが、「AAFCO」や「FEDIAF」では飼料添加物として認められている。
役割 不明
天然or合成 合成
タウリン 安全性 安全
猫の「必須栄養素」の一つ。 役割 栄養強化
天然or合成 合成
マンナンオリゴ糖 安全性 安全
ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果があり、整腸作用を期待され「特定保健用食品」にも利用されている糖類(オリゴ糖)
役割 整腸作用
天然or合成 合成
フラクトオリゴ糖 安全性 安全
難消化性のオリゴ糖。にんにく、アスパラガス、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、大豆などに多く含まれる。低エネルギーの甘味料として利用されるほか、腸内の善玉菌を増殖活性化させて腸内環境を酸性に維持、免疫機能の強化、高脂血症の改善、便秘の改善、血糖値の抑制などの作用があるとされる。
役割 整腸作用
天然or合成 合成
ビタミンA ビタミンについては、誰もが知っている栄養成分ですよね。

説明する必要のない安全な成分です。

ちなみに、ビタミン「A」「D」「E」は、猫ちゃんにとって「必須栄養素」です

また、ビタミンEは「酸化防止剤」の役割としても使用されている成分です。

安全
ビタミンD
ビタミンE

クロちゃん

本当に安全な添加物なのかなぁ?

安全性については疑問が残る。

『カナガン』の添加物を調べてみると、
正直「本当に安全なのかなぁ?」とやや疑問が残る内容でした。

私の知識不足のせいかもしれませんが、いろいろ調べてみて「これってどうなの?」という成分があり、

正直、安全性については「本当に安全なのか」よくわかりませんでした。(。>д<。)

あくまで個人的な意見なので、「本当はまったく問題ない!」という可能性もあるので、参考までに。

代表的な「危険」添加物は入っていない!

危険な添加物 不使用

ただ、「危険な添加物」として代表的なモノは、『カナガン』には入っていないので安心です!

酸化防止剤(BHA・BHT)、保存料、着色料、香料、発色剤などの添加物が有名ですが、

これらすべて『カナガン』には入っていませんので安心です!

カナガン
酸化防止剤 ビタミンE
BHA・BHT 不使用
保存料 不使用
着色料 不使用
香料 不使用
発色剤 不使用
※BHA:ブチルヒドロキシアニソール(酸化防止剤)
※BHT:ジブチルヒドロキシトルエン(酸化防止剤)

『カナガン』には、入っていないことがわかりますよね。

ちなみに、酸化防止剤として使われている「ビタミンE」は人間の食品にも多く使われている添加物で、国で使用が認められている安全な食品添加物なので安心です。

『カナガン』キャットフードの「原材料」は本当に安全!?

キャットフード 原材料

タマちゃん

ところで、使われている「原材料」の方はどうなの? 安全なモノなの?

食材も安全なモノしか入っていないから安心して大丈夫だよ。

トラくん

良くない食材とは。

ところで、キャットフードに入っていると「良くないモノ」とはどんな食材なのでしょうか。

「良くない食材」として代表的な物がこちらです。

良くないモノ
〇〇ミール 人間が食べられ部位や粗悪なお肉をミンチ状にしたもの
副産物 内蔵・目・骨・脂肪など、本来捨ててしまうところの集まり。
ビートパルプ 甜菜(砂糖大根、シュガービート)から砂糖を作るときにできる副産物
危険な防腐剤 BHA、BHT、エトキシキンなど。(発がん性の可能性)
大量の穀物 小麦・大麦・米・玄米・とうもろこし、などが大量に使われている場合
人工香料 食いつきを良くするための美味しそうな「香り」
これらは、安いキャットフードに使われていることが多く、「良くないモノ」とされています。

「家禽ミール」「ミートミール」など、『〇〇ミール』に注意!

「ミール」と聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、「お肉をミンチ状」にしたものをイメージしてください。

「ミール」にも色々なミールがあり、
「チキンミール」「家禽ミール」「ミートミール」「サーモンミール」などなど。

※「家禽(かきん)」とは、食用の「鶏」や「アヒル」などのこと。

キャットフードの原材料でこのような表記を見た人も多いのではないでしょうか?

特に安いキャットフードには、「〇〇ミール」ような表記をよく見かけますよね。

タマちゃん

「ミール」って具体的にはどんなお肉のことなの?
実は具体的には「どんなモノなのか」よくわからないんだよね!

トラくん

「〇〇ミール」は、どんなお肉が使われているのかわからない!

そう!「〇〇ミール」に使われているお肉って、
実は「具体的にどんなお肉が使われているのか」よくわからないのです。

これって結構な問題ですよね!!

「ミール」は、人間が「食べない部位」や人間が食べられないような「粗悪なお肉」など、いろんなモノが一緒になってミンチ状にされていると言われています。

例えば「家禽ミール」だと、鶏のトサカ、爪、腐ったお肉、などなど。

すべての「ミール」がそうだとは言い切れませんが、「どんなモノが使われているのか」わからないのも事実!

『〇〇ミール』は、
人間じゃ絶対に食べないような「粗悪なお肉」が使われてる可能性が非常に高い原材料ということです。

そんなモノが猫ちゃんの体にイイわけがありませんよね。

ペットフードは人間が食べる物に比べると、
まだまだその基準が低く規制がゆるいこともあり、「粗悪な材料」が使われていることが多いのが現状です。

ですので、猫ちゃんの健康を考えるなら、
どんなお肉が使われているのかわからない『〇〇ミール』には注意が必要なのです。

「香料」で「粗悪なお肉」を誤魔化している!

「粗悪なお肉で作られたミール」が入っているフードは猫ちゃんが食べてくれないので、食いつきを良くするために「香料」を使って「食欲をそそる」ようにしている場合があります。

猫ちゃんは味よりも「におい」に敏感な生き物なので、香りで誤魔化しているわけです。

ですので、「香料」が使われているフードは「粗悪なお肉」が使われている可能性が非常に高いので注意が必要です。

実際『カナガン』に「良くない食材」は使われていない!?

実際『カナガン』に「良くない食材」は使われていないのか?確認してみると!

「〇〇ミール」「副産物」「ビートパルプ」「BHA、BHT」「香料」のような「良くないモノ」は入っていないので安心です。

カナガンの原材料

 

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

タマちゃん

原材料の中に「アルファルファ」っていう聞きなれない食材があるんだけど、どんなモノなの?

補足:「アルファルファ」とは。

 

アルファルファは、マメ科ウマゴヤシ属の多年草で「野菜の王様と呼ばれるくらい、栄養価の高い野菜」です。日本では「ムラサキウマゴヤシ」「糸もやし」とも呼ばれています。

『カナガン』には「危険な添加物」「危険や成分」「良くない原材料」は使われていない!?

以上のことをまとめると、

『カナガン』は、

  • 添加物は入っているが、「危険な添加物」は使われていない!
  • ただ、添加物の中には「その安全性」がよくわからない物もある!
  • 「良くない原材料」は使われていないので安心!

『カナガン』キャットフードの特徴まとめ

カナガン キャットフード

『カナガン』キャットフードの特徴についておさらいすると、

主原材料 穀物 対応猫 原産国
チキン 穀物不使用 全猫種、全年齢 イギリス
BHA/BHT 副産物 4Dミール ビートバルプ
不使用 不使用 不使用 不使用
無添加
酸化防止剤、保存料、着色料、香料、発色剤、オイルコーティング不使用

『カナガン』の特徴

  • チキンを60.5%も使った高タンパクのフード
  • グルテンフリー(穀物不使用)
  • タウリン「2,200mg/kg」配合
  • 原材料はすべて人間が食べられる新鮮食材を使用
  • 獣医師も推奨のフード
  • 全猫種、全年齢対応(赤ちゃん~シニアまで)
  • 国際規格「クラスA」工場で生産
  • 1袋:3,960円(税抜)1.5g

【カナガン】キャンペーン情報

キャンペーン情報期間限定!

 

▼今なら定期購入すると『特別価格』で買えるのでお得です▼
詳しくはこちら!『カナガン』キャットフード【公式サイト】>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です